読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外見だけで人を判断する技術

渋谷昌三さんの外見だけで人を判断する技術。 おもしろいほどよくアタル!と書いてあって手に取ったけれど、 目が一重か二重で遊び人か真面目か 鼻の下が長いか短いで幸か不幸か 周りと同じ物を注文する人は言いくるめやすい 仕事を頼む時は耳たぶを見なさい…

ふしぎな図書館

村上春樹さん著の大人が読んでも楽しめそうな絵本。 図書館で本を返却して、そのついでにオスマン帝国の税制について知りたい主人公は地下の部屋へ案内されて牢屋に閉じ込められて...な物語。 佐々木マキさんのユーモラスな挿絵もついているけど、文の細部か…

贈るお菓子

加藤千恵さんのアイディアがたくさん詰まっている1冊。 レシピはもちろんデコレーションやラッピングについても書かれていてもらう人が喜んでくれそうなお菓子を作るのにピッタリ♡ 薔薇のギモーブ、ベリーの入ったマカロン、りんごのムースケーキ、どれも美…

不思議のフランス菓子

大森由紀子さんのレシピが好きで読みました♡ フランスでは、その土地で採れるものを旬に美味しくいただく食文化だそうで♡ マドレーヌやケーキは乾いてボソボソだったり♡ ボールに入ったカフェオレにマドレーヌをひたして、ケーキはシロップをなじませて美味…

三蔵法師と大唐西域記

陳舜臣さん、手塚治虫さん監修。 玄奘が周りの反対を押しきって仏教の真髄を学びに旅して国に持ち帰る話。 ユーモラスに描かれていて、中高生にもオススメです。

ボッティチェリ ヴィーナスの誕生

ステファノ・ズッフィさん著。 松下ゆう子さん訳。 人とは思えぬ顔ばせの乙女がひとり 貝殻に運ばれ 悪戯好きのゼヒュロスたちによって岸辺に吹き寄せられ 天も彼女の誕生を歓んでいるかのようだ あなたはその泡は本物だというだろう、海もそうだと貝殻も本…

カラヴァッジョ 聖マタイ伝

ステファノ・ズッフィさん著 野村幸弘さん訳 歴史や風土に触れ、目を楽しませてくれる宗教画も描いてもらうには費用も時間もかかり、17世紀に突入前のコンタレッリ礼拝堂でも難航していたそう。 当時30歳を前にしていたカラヴァッジョに宗教画の製作の依頼が…

ティツィアーノ 聖愛と俗愛

ステファノ・ズッフィさん著。 森田義之さん 細野喜代さん訳。 聖愛と俗愛 1枚の絵について紙面を100P近く使っていて豪華な本です。 1冊3000円ほど。表紙がしっかりとしていて紙面の印刷も綺麗だからかなかなかお高い。笑 この絵はカンブレー戦争によって引…

五輪書

宮本武蔵の五輪書。 戦いを重ねて負け知らずの宮本武蔵。 二天一流や五方之形のこと、刀の持ち方に足はこび、力加減など戦いに関する兵法だけではなく、どの道にも通じる心を書いてる気がしました♡ 地水火風空の5つの章にわけて、それをさらに箇条書きに近い…

20代で知っておくべき「本当の教養」を教えよう。

千田琢哉さん著作。 かろうじて20代で気になり読んでみた♡笑 繕ったり小手先の技ではいけない、時間をかけてでも知識や教養を深めたり、人間性に磨きをかけるのが良いと共感。 歴史を学ぶこと、マウンティングの取り方、人付き合いはなるほど。 でも、具体性…

最高の休息法

久賀谷亮さん著作の最高の休息法を読んでみました。 世界のエリートがやっている!となると気になる♡笑 脳が疲れていると、疲れたと感じやすくなるそう。 体操やストレスの対処法、瞑想の仕方が載ってるわけでちょっと読んでみたけど これって人によって原因…

謙信の軍配者

毘沙門天のご加護を受けた謙信の戦術が卓越していて、冬之介の出番が最後の方だけでした。 ストーリーは映画で三編作ぐらいにしても楽しいんじゃないかと思います♡ こちらも勘助側の話が多かったです。 勘助と冬之介が戦場で再会して、その瞬間に勘助が射抜…

写真集 三島由紀夫 25〜70

三島由紀夫資料集とでも言えようか♡ 原稿を読んで続きは?と次のページを捲ったり 読みたくなったり古書がほしくなったりらじばんだり〜です♡ しかしながら、、初版や限定のものはなかなか良いお値段でふね 豊饒の海が積読になっていますが、金閣寺も久しぶ…

信玄の軍配者

勘助が念願の軍配者に! ただ者ではありませぬ♡ 冬之助を逃すところで、わざと勘助が自分を殴るように言い放って、流血するほど殴った冬之助。 そこで交わされる会話が熱い♡ 「くそっ、さっさと行け。ますますおまえが嫌いになる。」 「その台詞、そのまま返…

海賊とよばれた男

百田尚樹さん著作の海賊とよばれた男を読みました♡ 年末に映画でふね♡ 国岡鐡造の正義感あふれる性格に先見の明、侍魂熱かった♡ 窮地にあっても社員を馘首せず家族だと言って守ろうとするところ、挫けそうなときは日田さんや仲間たちの言葉に助けられ、苦し…

早雲の軍配者

富樫倫太郎さんの早雲の軍配者を読みました♡ 軍配者とは戦の全般に関して君主に助言する専門家。 主には占術と兵法を担い、戦の日時、出陣の方角、戦をする場所、天候の予知、敵と戦う作戦を決める。 織田信長には伊束法師、上杉謙信には宇野、武田信玄には…

こころ

小学1年生の授業参観日 黒板にペタっと貼って先生は聞いた。 これは何ですか? 間違いなく、、アレにしか見えない。 手を挙げたいけどあげたいけど親が楽しみにして後ろからみている。 本当に大切。 これなしで人は生きられませんよ♡ 心 久しぶりに読むと感…

日本の歴史がわかる本

小和田哲男さんの著作。話が時々飛んでいるけど、時代の流れの大枠を捉えやすくて良いかも。 日本の歴史と言えば、集英社から全面改訂したものが出ますね! 10月28日発売。こちらの表紙はNARUTOの岸本斉史さんが書かれたもので、他の巻も豪華な顔ぶれです。 …

アメリカンカントリーのお菓子

さてこちらの本はクッキーで有名なステラおばさんのレシピ本♡ 残念なことに今では絶版だけど消費税3%の時代に定価2300円とはなかなか!笑 それにしても自分で作れるなんて嬉しい♡ 著者はジョセフ・リー・ダンクル。 ステラおばさんの甥で、日本で展開してい…

銀の匙の国語授業

こちらもスローリーディング。 銀の匙1本で現代文の授業をされていたという橋本武さんの著書。 すぐ役立つものはすぐに役立たなくなる。 勉強は、、長い人生を生きていくための基礎力をつけるためにあるのです。 7つのポイントは読む、書く、話す、聞く、見…

ショパンを嗜む

初めてショパンを手にしたのは小学生のときだった。 ディアゴスティーニから隔週で出ていた、クラッシックコレクションが当時の私のブームで ショパンといえばこのドラクロワ。 平野啓一郎さんのショパンを嗜むは幼いころの記憶が蘇り、思い出に浸りながらゆ…